スケカナはBS朝日のほうを録画設定したにもかかわらず、男子フリー女子フリーの録画をしくじってしまいました。個人的にはステップが要素が足りなくて0点という演技(ジャパンオープンでは確か0点じゃなかったでしょうし、あれは公式戦の条件を満たしていないとはいえISUのルール基準で採点しているはずなので、論理的に考えればスケートカナダではしくじったということですよね?)というのがどういうことかと非常に関心があったので、テレビの画面で見られないのは残念に思っています。

ステップのルール改正があったのはわかりますが、なぜそのルール改正に対して最初の段階からリスクマネージメント含めて対応できている振り付け師とそうじゃない振り付け師がいるのでしょうか。クリケットクラブの選手がよく依頼するような振り付け師さんたちはちゃんとしているようなので、それ以外の振り付け師さんたちの情報収集能力、理解力、危機管理能力があまりにも劣っているのか、むしろクリケットクラブそのものがISUのルール改正にあたっての参照元なのか、私には知ったこっちゃありませんが、いろんな意味でびっくりものですよね。少なくともルールが演じ手側の情報収集能力や理解力に依存するような恣意的かつ微妙なものでいいんですかね。

ともかく追々、隙間時間を探しつつ、興味のある選手はネット上の動画を見せていただこうと思います。

定期的な巡回サイトなのかはよくわかりませんが、ありがたいことに週末になると閲覧数がかなり上がります。私の投稿を期待してくださっている方々がいるなら申し訳なく思っています。記事を書くのにネタ切れでしょうがなく見ている方々がいるのなら、お好きにしてください。なぜかハビエルが勝つと閲覧者数は少ないのに閲覧数だけ上がってる気がしますが、ハビエルお好きな方が何度も何度も見に来てくださってるのなら申し訳ないです。ロシアでの演技見ていないからよくわからないけど、ハビエル・フェルナンデスのほうが宇野昌磨よりも(そして羽生結弦よりも)「芸達者に見せるのがうまい」と思います。その達者な質がどうかというのは別として、少なくとも見せ方のバリエーションの数は勝っているような気がする。なお、スケートを滑っているところを「私は」今年は見ていないので、安藤美姫には触れるつもりはありませんのであしからず。

録画が下手というのもそうなのですが、それ以上にいろいろ立て込んでいて細かく見て揚げ足をとっていく時間がないのです。

今年は、基本、テレビ画面で見るようなものは、真央ちゃんが出ている試合だけに絞っていこうかなと思っております。次の試合の解説もきっと織田さんでしょうし。テレ朝の公式ページのどこを見れば解説者が誰だかわかるんでしょうか? なお、スケートアメリカしか見てませんので今は知りませんが、振付師の名前入れるとか、コーチが誰だとか、そういうところはフジテレビの放送見習ったほうが親切かと思います。あと、キンハクヨウとカタカナで書くぐらいならせめて漢字も併記しろ、と去年でしたっけ、書きましたけど、やっぱり金博洋(キンハクヨウ)っていうのもおかしいっちゃおかしいです。金博洋(ボーヤン・ジン)でないと意味ないのではないでしょうか。そういうところはフジテレビの放送見習ったほうがいいと思います。それかNHKみたいに漢字だけにするか。といっても、いまさらどうしようとも奇跡が起こらない限り、私はあとはパリ大会しか見ないでしょう。なので、ここで要求ばかり多いのも失礼な話ですよね。しかしながらですね、ファイナルといったら、おなか痛くなった(真央ちゃんその他)、メンタルの問題じゃないたぶん足を痛めたのだろう(ゴールド)、なぜかファイナルでは勝ったことがない引退選手が世界選手権タイトルを2つ持っているからという理由でガラに出てくる(言うまでもない人ですが、テレ朝の放送ではカットされていたらしい)というろくでもない思い出しか去年は残っていないのですよ、残念ながら私には。