こんにちは。もう夏ですね。

近況報告といってはなんですが、我が家のメインのPCの調子がどえらく悪く、いっそ買い換えか、悪いところのパーツだけ入れ替えるか迷っているような状態で、更新はしばらく滞り気味になりそうです。どっちにしてもその後のセットアップし直しが大変だろうなあと。

PCが調子悪くなる前に書きかけていたテキストだけ体裁整えたので揚げさせてください。


真央ちゃんが信夫先生についてからスケート靴をタイツでカバーしなくなったのは、かぶせてしまうと足下の様子が見ている人たちにわかりにくい(ジャンプの回転や質もわかりにくいとかなんとか)というアドバイスをもらったから、というのを何かのインタビューで真央ちゃんが話していたのを見た記憶があります。なるほど、それはもっともだ、と当時は感心したのですが、そうすると女子の場合、靴は白かベージュとISUのルールで決まっているそうなので、信夫先生のアドバイスを考慮にいれるならば必然的に白を選ぶことになりますよね。ベージュにするぐらいなら、タイツでかぶせちゃっても一緒だもの。

すごく言っていることはわかります。もっともだと思うんです。でも、靴を白にすると、なんだか黒ベースのドレス合わせにくい、というかうまくベースの黒以外の色を何にするか、とかドレスのデザインを細かく考えないと靴が悪目立ちするのではないかと。リッツもたぶん靴の白色も含めて、どうも手放しで「すてき!」と私が思えなかったのは、黒・白・ピンクの色の配分の問題のせいなのかなあと。黒いスーツの前が開かないようにして白いブラウスをあまり見せないようにしているときは悪くないのだけど。

あの系統のピンクのドレスで知子ちゃんはためいきを滑っていましたが、白い靴とのバランスはそれほど気にならないのはほかに色を入れていないからだろうし、理華ちゃんのリバーダンスの黒いドレスも緑が主張しすぎない感じできれいに映っているから(私はああいう緑が好きだから余計にそう思うのかもしれないけど)、白い靴履いていても違和感がなかった。

ゴールドのSPは白いブーツで黒ベースのドレスだったけど、赤がいつも見えている状態じゃないからそんなに白が気にならないし、火の鳥もあんなものかなあ。でもロシアの選手だったらカバーしていると思う。アシュリーも白だけど、SPは黒だけだし、今期のムーランルージュに至っては白ブーツのほうがいいわけで。ラジオノワも白靴と衣装の色が反発していなかったと記憶しています。

ともかく、白い靴を履くようになってから黒の衣装を真央ちゃんが着るのってあまりなかったと思うのですが、先日のランビさんとのジュネーブ公演では、白いブーツで滑っていてもいいなあ、黒バラいい衣装だなあと感心してしまいました。(でもあれをエキシビションでやった当時は白い靴ではなかったのね)

前にも書きましたが、タラソワの新たな衣装が楽しめないのが少しつらいです…。振付もひどく恋しいけど、とにかく衣装が恋しい……。