「殿下」といってもこのタイミングですと音楽界の「殿下」ですけど、お亡くなりになってからYouTubeやその他動画サイトで動画が見られるようになってしまったという皮肉な事態に、私自身、日頃音楽の記事などではで、無遠慮にYouTubeのリンクを貼ってしまっているだけに、ここ数日、いろいろと考えさせられていました。以前のこの記事でも、YouTubeで見つかるわけもないあの曲のオリジナル版の動画がDailymotionに上がってたのでリンクを貼ったわけですが、もちろん今ではしっかり「存在しないページ」になっています。でも、お亡くなりになったとたんにさっそく別のところでそのPVが上がってますね。(そして故人の遺志を尊重する人々が申し立てをして削除されていくのでしょう)

日本での故人のファンの気質っていわゆるスケオタさんたちのそれと似ているように思います。私は決して、新譜が出るたびに、さらに必要とあらば海賊版まで探しに行って買い求める真性のファンという意味ではまったくファンではなかったけれど、いわゆる今のYouTubeの代わりに、ベストヒットUSAやTVKテレビの洋楽番組を見たり、友&愛でLP借りてきたり(もちろんあの代表作も借りてきました)、FMでエアチェックなどしたりしていた自分の十代の頃に、ヒットを飛ばしておなじみだったミュージシャンがいなくなっていくのは、とても寂しいものです。だもの、真性のファンの方々の無念さはいかばかりかと。

エスペランサもグラミー賞の新人賞をとる前に故人に見いだされて全米ツアーに参加しましたし、その前には故人が受賞したブラックエンターテインメントテレビジョン…BETの特別功労賞のセレモニーで故人の曲を歌った4人の歌手のうちのひとりでもあります。当時ニュースでちらっとその記事を読んだときに、ああ、相変わらず精力的に音楽活動をやっているんだな、しかしなんとまあ全然老けてないなあと妙に安心した記憶があります(当時、授賞式のエスペランサの動画もYouTubeで上がっていたので見ましたがすぐに削除されたのでしょう。)一生かかってもおそらく自分でも開けきれないほどの多くの引き出しを持っていたアーティストだったのに、こんなに早く亡くなるなんて残念です。自分の頭の中で鳴る音楽はすべてやり切ったなんてことはなかったと思うので。


雨後の竹の子のようにネット上に生えてくるプリンスの動画を見漁り、購入するならどのアルバムがいいかなと迷っていた週末でしたが、その間にアイスレジェンズでもチームチャレンジがあったわけです。アイスレジェンズのショパン・ドビュッシー・ラヴェルの3部作コラボレーションなど、ちょうど食事中にテレビつけてうちのマリオとアントニオとで見ました。結局、夜中に録画見直しましたけどね。

バラ1ですか、真央ちゃんはいってみれば狂言回し役をやっているわけなのですが、よくあの8分間の構成を覚えられたものだと変に感心してしまいました。出たり引いたりするけどずっと氷上にいるわけで、ああいうのって見ためよりもやりにくいんじゃないかなあ。

バレエ的ですよね。自分の踊りじゃないところはじっとそれっぽいポーズでほぼ動かず待っているわけでしょ?(全部が画面に映ってないからわかんないけど、推測は外れてないと思う。)氷上で動くのも大変だけど、実は視線を浴びながらじっとしているを見せるっていうのもかなり難しいだろうと、変なところに感心してしまいました。バラ1の部分は繰り返し見ましたが、見れば見るほど真央ちゃんのスケーティングはいい。なんだろうな、音の一音一音を細かくとっていくというのともまた違っていて、フレージングのつかみ方、どこからどこまでをフレーズとしてひとまとまりとしてとってスケーティングに反映させるのか、そのセンスが絶妙なんですよ。規則的すぎずに外しすぎずに微妙に揺らいでいるところが。理屈じゃなくてセンスなんだけど、それはたぶんもう体に染みついちゃっているものなのでしょう。そういうことをランビ先生はおっさりたかったのかもしれませんね。

マリオはその次に出てきたカロリーナに見とれて舌かみそうになってました。

一方で、ずっと黙っていたアントニオは、ラ・ヴァルスで髙橋大輔が出てきてカロリーナが動揺するシーンになると「あれはよくない!(それは誰の何に対してよくないと言ってるのか?)」と妙に感情移入したわけです。その横で私はNHKの解説に対して「ありゃ『友情』ってのとはちょっと違うんじゃね?」と突っ込み入れてたんですけどね。

ともかくうちのがさつな男性陣の心にも訴える何かがあの3部作にはあったようです。

そしてランビさんさすがだ。律儀にいろんな形の愛をプレゼンテーションしているんだから。

今回出演されたスケーターの方々の演技を見ていて、この人といったらこれ!という名刺代わりの代表的なプログラム、名演があるというのはすばらしいと思いました。若いスケーターの皆様方が、これから自分にとってのそういうプログラムを見つけられますよう。


髙橋君と真央ちゃんのスペシャル対談でなにげにびっくりしたのは、真央ちゃんが「プログラムを持ち越すかも」と言ったらすぐさま髙橋君が「あと2年だものファンの人たちは違うプログラムを見たいはず」と即答に近い形で反応していたところですね。次の2点がはっきりしたという意味でもおもしろい。

まず「髙橋大輔はそうとうな浅田真央のファンである」ということ。ファンとして思い入れでもなければ、できるだけ多くのプログラムを見たいとは思わないだろうから。

そして「髙橋大輔はファンの立場になって考える」ということ。何のためらいもなく、しかもものすごくポジティブな意味で「ファンはいろんな真央ちゃんを見たいんだから同じプログラムを持ち越さない方がいいよ」と言えるのって、いかに彼にとってそういうものの見方が当たり前だったかということ。だってここ10年、ジャッジの傾向見てたって同じ曲を2年間やった方が得点としては圧倒的に有利に出るもの。だもの損得度外視してるわけですよね。

真央ちゃん「やっぱそうかなあ、そうだよね」と納得してたみたいだけど、どうしても真央ちゃんがやるべきだと思うのならば持ち越せばいいと思う。お客さんの希望なんて二の次三の次でいい。それに、めどが立ったらシーズン途中でプログラム変えたっていい。

とはいえ、蝶々夫人を持ち越すというのは私には少し疑問です。目に見える形で振り付けを変えるとかしないと飽きられそう。なんだかんだいっても静かな曲調だから、単純にもっと多くの振りを詰め込めば、というわけにもいかないし、そもそも今のかなり完成度の高い振り付けをいじるのもどうかと思うのです。そういう意味で髙橋さんの「ショーナンバーとして残しておけばいいんだから」というアドバイスはもっともなのかも。持ち越してもトータルで新たな魅力を引き出せる可能性のある曲なら彼だって持ち越さない方がいいよ、なんて言わないでしょう。その辺のところ、あの人はいい勘をしていると思うんですよね。


チームチャレンジを見て思ったのは、やっぱり「もう思い切って行っちゃえ(失敗したっていいや)」と思える試合の場があることって、特に若い選手にとってはすごくプラスだということです。結果がよい方に転んでも悪い方に転んでも、思い切って滑れる場があること自体がプラスだと思います。

知子ちゃんのフリーも何がよかったって、いつもよりもさらにスピードに乗ってる感じがしたところ。彼女としては結構はっちゃけちゃってるんじゃないかという印象を受けました。それがちょっと押さえようとしても押さえられない恋心を演出しているような感じすらしました。

それにメドベデワ(メドベージェワと書いた方が正しいのかな)も、世界選手権のフリーよりもスピードに乗ってる感じがしたし、全体的に動きがなめらかでした。後半の後半になると多少よいしょっ、こらしょ、っ感が出てきた気もしないでもないけど、全体の流れという意味では私が見た彼女のフリーの中では一番きれいだったように思います。

昌磨君の両演技を見ていても、思い切っていけたことがいい方向に行ったわけですよね。これからも「自分のスケートは人を引きつける力があるんだ」と、自信というか自己肯定感を忘れないでほしいです。しかし、SPもFSもずっとつなぎが凝ってるというのによくもまあ、あんな難しいジャンプを入れてきたものだと。FSの最後の3A+1Lo+3Fに至っては笑っちゃいましたよ。

膝とか足首が柔らかいとかそういう生まれ持った特性があるからできるのかもしれないけど、とにかくけがだけは気をつけてほしい。ストレッチ大事ですよ。そして調子が悪いときは無理矢理跳ばないで。そして歴史を作ってしまってさらに注目を浴びるようになった今、いつ何時、災難が降ってくる…もとい突っ込んでくるかわからないので、視野はできるだけ広く、事故に遭わないように気をつけてください。

ともかくシニアでの年数が浅い選手は上昇軌道気流に乗っているので、やればやるほど前の演技よりはいいことのほうが多くなるわけで、それが結果にも反映されて見ていて気持ちがいいものです。問題はこれから多かれ少なかれ訪れるであろう「停滞期」「伸び悩み期」をどう乗り切るのか。

ナムがポリーナをプロムに誘ったことよりも、トロントを出てコーチを変えるというニュースが一番びっくりしました。「伸び悩み」を環境を変えることで乗り切ろうとしているのかと。この1年いろいろ思うことがあったんでしょうね。