君はあっという間にスピードに乗るからね。僕が同じ速さを出そうと思ったら4回はクロスで進まないと…おじいちゃんはお嬢様ほど速くは進めないんだ。

前回の日本スイス国交150周年企画のときは日本語字幕も出ていましたが、アイスレジェンズのYouTubeの動画はフランス語だけでなく英語の字幕も出るので親切ですね。

ランビエールに、クロスたくさん漕がないと君には追いつけないよ、なんて、仲良しだろうとそれ以上以下だろうとフィギュアスケーターならば言われてみたい褒め言葉でしょう。

去年でしたっけ、TSLのインタビューでランビさんは真央ちゃんからイメージするものを一言で表すとしたらショパン、って言っていました。今回ショパンの曲やろうかなと思ったときに、だったら真央ちゃん来てくれないかなあとでも思ったんでしょうか。

The movement with her is always very fluid.

独特な言い回しのような気もしないでもないですが「彼女はいつもとても流動的な動きをする」という意味なんですかね。ぶっちゃけて解釈すれば「かっくんかっくんしたりぶつ切れになったりしない、流れるようななめらかな動き」ってことかと。

ともかくショパンの曲…いわゆるバラ1(ですよね、プログラムに出ているの)を滑るというのはそういうことなんです。

スイスにいらっしゃる方々のレポート楽しみにしております。