No Title

No Description

うーむ、あらためて見ると、真央ちゃん・知子ちゃんの姿勢の隙のなさは際立ってますな。この中でなぜか演技中ではなくプログラム始める前のポーズを決めポーズにされてしまったパトリックも(あ、もしかして羽生結弦も?)、そのポーズは地味に決まってる。そしてハビエル。足の状態から考えると彼の体幹のぶれなさはただただすごい。奥の方のロシア人・中国人の若手3人は、細すぎてなんだかよくわからない。くどいようだけど、けがしないように気をつけてほしい。ストレッチちゃんとしよう。

ともかくハビエルは自分の運動神経と才能に値する演技ができて、その実力がちゃんと評価されたのは本当によかったんじゃないかと。

ハビエルは普段から無駄に気取らない・変な気負いを「見せない」ところがいいです。本人としても見せる必要性を感じてないんでしょうけど。相当なプレッシャーはかかっているだろうに、周りにそれをさほど意識させないところが、自分にいいように働いている感じがします。でなきゃ、当たり前のようにユーロで連覇したり、しかもワールドも連覇なんてなかなかできるもんじゃないと思いました。


伊集院光のラジオでの真央ちゃん。「引退発表文をマネージャーに渡していた」話もかなりのびっくりだったとはいえ、まあありえるだろうなと聞き流していたのですが、むしろ私が驚いたのはあれですよ、「40歳代の自分はどうしているだろうか」と真央ちゃんが語ったくだりです。

真央ちゃんがふつうにお母様の話をして、それを淡々と聞いている伊集院さんと上田まりえさん。あれ、テレビ番組だったら聞き手はお母様との絆と別れを強調するようなリアクションしていたと思うし、仮にそうしなかったとしても、そういったいやらしい編集が入っていたと思う。

「自分の子供のことを第一に考える生活をしているだろう」なんて、世間から注目される生活を知ってしまった人たちにとって、なかなかできない発言です。自分が母親になったら表舞台に出ることに興味がないって言ってるに等しいわけなんだから。家庭であれ社会のどういう場であれ、自分が主役でなくてもいい、つまり「自分中心に物事が動かなくても」全然かまわない、それどころかそれが当然だと考えているってことでしょ? さらに別の意味では、周りに自分が「主役」を降りるということに対して文句を言わせない、と言ってるようなもの。

フィギュアスケーターである今の自分、これまでの自分の生き方をとことん肯定して満足していなかったら、そんな潔いこと言えないはず。

そして自分の母親が自分のためにしてきたことは、決して母親自身の打算や名誉欲によるものではなかった、という絶対的な確信がなきゃ、「自分の母親がそうだったから自分もそうすると思う」というような言葉は決して出てこない。

なお、その時の真央ちゃんの顔は、伊集院さんによるとこんな感じだったらしい。

お母さんの話をしている

浅田真央さんの顔は、

とても神々しく見えて

こちらは質問のメールをくださった

リスナーさんに感謝です。

伊集院光 公式ブログ – 浅田真央選手 – Powered by LINE

真央ちゃんね、もうね、フィギュアスケーターであるうちにしっかり稼いでどんな状態になっても生きられるよう財産を作っておいたらいいよ。そしてどうか、周りにいる人たちはをそんな真央ちゃんを食い物にしようなどと思わないでください。いい人に巡り会えますよう。

【伊集院光とらじおとゲストと】4月19日(火)浅田真央さん登場!

それから「炎の体育会TV」の真央ちゃん特集。あれはあれで真央ちゃんのよさが出ていてよかったと思います。制作者側は必死になって浅田真央の「裏(と書いて「悪」と読むというかはともかく)」の顔に見えるような過去の映像やエピソードを探し出してきたのだと思うけど、当の本人が自分を、今の自分以上に・必要以上によく見せようとしない人なんだもの。フィギュアスケート(とそれを食い物にするメディア)業界で自分の筋を通してきた、酸いも甘いも知る人ならではの余裕だなと。そこが大人な真央ちゃんなんだろうなあと。


 

4月からNHKでやっている嵐の相葉雅紀の番組おもしろいですね。この人、灰汁が抜けた中居正広みたいな司会するんだな(ものすごく好意的な意味で言っています)と。

今週はレスリングの吉田沙保里選手がゲストでした。

グッと!スポーツ – NHK

4月から始まる新番組「グッと!スポーツ」。 スタジオには、アスリート本人やその魅力を熱く語れるゲストを迎え、 「驚異の技」や「強い心」「意外な素顔」などアスリートの “真の魅力”にグッと迫ります! スポーツファンはもちろん、あらゆる人の心に響く、 驚きと笑いと涙のスポーツエンターテインメント番組です。 グッと!マスター(MC)は、「嵐」の相葉雅紀さん。 スポーツのレギュラー番組では初司会となる相葉さんが、 ユルく!?するどく!?迫ります。 相葉×アスリートの化学反応をお楽しみに!


この番組の吉田さんも見ていて思ったのだけど、結局のところ、自分の生き方に対する本心からの肯定感なんですよね、ずば抜けた選手が備えている特性って。(失敗するかもしれないし失敗に対する恐怖だってあるけど)他人の目なんて気にしない、できると思ううちは自分でやってみないと自分は必ずや後悔するだろう、だからやる、と本心から言えて、そのように生きることができる人。

私も「同じ人に6回告白して6回振られた」という話に一番グッと来ました。