男子シングルの結果は知っていますが、まだ映像で内容は見ていません。

マスコミを試してるのかマスコミに試されてるのかはいつかわかるよ、なんて柔らかにのんきに書いてたら、インスタグラムでデニスの公式アカウントから、そしてキャロルコーチのコメントで強烈なやりかえし食らってて失笑してしまいました。

あーあ、日本の無知な(あるいは金つかまされてるか、見て見ぬ振りしてる)マスコミがいつも自分に好意的な記事書いてくれるからって調子に乗って「たぶん故意だ」なんて言葉持ち出した時点で、もうね、私はずっと感じているんだけど彼とその取り巻きの幼稚性を丸出ししてしまいました。

今でこそどうかわからないけど、カザフスタンってソチ五輪フィギュアでランキング上位選手がいる国の中で唯一国際審判を派遣できなかった国(この記事の後半にリンクあるよ)ですよ。そういう意味でISUに変な義理もないし、第一フィギュアスケート少しでも詳しく見ている人ならば人格的に殿下と呼ばれるような選手がそんな羽生結弦の出来不出来なんて気にするような小物じゃないって知ってますしね(ちなみにこのブログ、実はインスタグラムのコメントの翻訳というキーワードで一番アクセスが多いんですけど、コメントの翻訳の仕方の説明で書いた記事は奇しくもデニスとカザフスタンについてのエントリでした。冬季五輪が北京に決まる前の話ですが)。

むしろ「羽生結弦なんて存在まったく気にしてなかったから」起きた「事故」なわけです。それも衝突事故として起きていないものを事故だといちゃもんつけられて大騒ぎされた。まあなんですか、やあさんの当たり屋みたいなものでしょうか。私、大学生の頃、友人の家に行くのに父親のオートマチック車を借りて一人で運転していた渋滞中の多摩の国道で、うっかりクリープ現象っていうんですか、それ起こしちゃって慌てて急ブレーキかけたら、後ろのやくざまがいのチンピラが出てきてうちの車のロックかけてなかったドア開けられて怒鳴り込まれたことあるんです。ものすごく凄まれたあとに「俺の携帯のアンテナ曲がったから」ってお金請求されました。一人だったし怖いし、不慣れな土地だったし、財布開けたら2000円しか札束入っていなかったんだけど(チンピラさん絶句してた。父の車はそこそこ高級車だったからいいカモだと思ってたのかもね)、それ渡して勘弁してもらったことがあります。最後にはチンピラさんのほうが「おまえちゃんと帰れるのか?」と心配したぐらいで。ひどく情けない話でしょ。なんだかそんな昔のこと思い出しちゃったわね。

でも人一倍きちんとしていて、やましいことのなかったプライドの高い殿下は、そして何も恐れることもなかった殿下(およびその関係者)は黙っていなかったようです。

「故意だ」という言いがかりさえなければ不愉快であってもそれで収めていたでしょうね。でもオフィシャルアカウントでむしろ羽生は謝罪すべきだとまで言われているようですが大丈夫?(ええと、デニスの国際マネージメント事務所は相変わらずキム先輩のところでしったっけ?知らんけど)

覆水盆に返らずといいますが、それでも「言い過ぎました」、「いちゃもんつけてごめんなさい」、ついでに「いつもよけられないほど運動神経悪くてごめんなさい」、ぐらい言って謝ったほうがいいよ。もう謝っているかもしれないけど。

一方ミーシャはインスタグラムでロシアのかわいい3人娘と一緒にお夕飯食べるというコミュ力の強さを示していておりましたとさ。はっはっは。

それと真央ちゃんのひざの問題……けがと試合参加の問題はすごく思うところがあるので後日書ければ書きたいですね。