ここのところフィギュアスケート(の試合のありかた)にかなり興味を失っていたので、今日が四大陸選手権の初日でフジテレビで生中継をしていることも、7時半頃たまたまテレビをザッピングしていた連れに指摘されて気づいた次第です。

そこで連れと一緒にしばらく中継を見ることにしました。連れはまったくスケオタではありません。とはいえ、プルシェンコのセクボンと安藤美姫のクレオパトラ(の衣装)ぐらいは知っているというフィギュアスケートに関する「教養」はあります。村上佳菜子のジャンピングジャック(の衣装)も知っています。そしていわく「ここぞという時に必ずやらかしてしまう」選手時代の織田信成についても知っています。むしろ芸能人・解説者として活躍している織田さんよりも選手時代の織田さんのほうをよく見ていたかもしれません。

ああ、連れ、というのもわかりにくいのでそうですね、とりあえずマリオと呼ぶことにしましょうか。半分成人の息子はアントニオでいいや。

以下試合を見ながらのそれぞれのコメント。

6分間練習中

マリオ:会場がらっがらだね(かなり驚く)。

いちスプ:羽生も真央も出てないもんね(ブログで選手にちゃん付け君付けで書いていることをおくびにも出さないよう呼び捨てでクールに装ういちスプ)。去年台湾のメディア記事で、台湾のスケート連盟は羽生と真央を出してくださいと日本の連盟にお願いした、とかいうのを読んだ記憶があるんだけどさ、その二人が出ればお客さんを呼べるって思ってたんだろうね。でもさあ、出してくださいって言われたって、ショーじゃあるまいし試合だものじゃあ出しますってもんじゃないし、そもそも全日本の成績次第だもの。まあでもね、この試合って世界選手権の一ヶ月前という中途半端な時期にあるから、結構出たがらない選手はいるよね。

マリオ:なんで羽生は出ないの?

いちスプ:羽生は最初から出たくないって言ったってさ。連盟が全日本の前に「出たいですか?」ってアンケートとったんだって。で、羽生は「出たくない」と回答した。なんかこのタイミングでピークが来ちゃうと世界選手権やりにくいとかそういうことオーサーは気にするみたいだよね。

マリオ:ふーん(意外そうな顔)。じゃあ真央ちゃんは?

いちスプ:最初は出るって言ってたんだけど、1月になってから撤回した。要するに、年だしブランクもあるし、疲れちゃったんだよ。

マリオ:(笑)

いちスプ:全日本の頃は不調だったし、くたびれちゃったらしいんだよね。コーチも真央が疲れてるって言ってたみたいだし。こういっちゃなんだけど、羽生がオーサーに習うことにしたもの、日本のスケート連盟がオーサーに「お願いですから日本人選手を見てください」っていう感じで依頼したのが発端だったらしいのよ。だって、オーサーにしてみたらそんなこと日本の連盟から言われたって、どういう風の吹き回しなんだって半信半疑でしょうし。浅田真央と何かにつけ比較されてた選手のコーチだったんだよ。実際、あの人の本でも「ユヅルの口から『ぼくはブライアンと練習したい』だったか『ブライアンに教わりたい』と聞いたから、その言葉が決め手となって引き受けた」みたいなことが書いてあるし。だからなんていうのかな、一般的に連盟はやたらめったらショーやジャパンオープンみたいに興行的な試合に実力派現役選手を出させて集金させるし、たとえば高橋大輔は律儀にたくさん出てたらしいんだけど、どうも羽生はそれほど出たがらないといわれてる。オーサーはオリンピック前とか連盟にかなり希望を出してたみたいだし、きっとコーチ引き受けたときにも、ある程度自分たちのわがまま……というか言い分を聞いてほしいと条件出してると思うのよ。だから連盟はわりと羽生は大事にするけど、真央にはそこまで大事にする義理はないって思ってるみたい。で、今回四大陸棄権するって発表したら、早速病院や美容院や銀行に置いてあるような週刊誌が「真央はわがままだ」みたいな記事を出すしね。だったら最初から出ないって言ってる羽生はなんなんだよ?って思った。だって羽生も棄権しているなんてその記事には書いてないわけだし。(でも「ああいう記事は連盟か、あるいは真央のマネージメントをかつて断られた連中か、どうせどっちも同じ穴の狢なんだけど、そいつらがわざと書かせてるんじゃないかと思うんだけどね」という言葉を飲み込む)

マリオ:……(ナンセンスなことをいちスプが言うたびに鋭い突っ込みを入れるマリオが何も言わずに頷いている。きっと突っ込むのも面倒くさかったんだろう)

いちスプ:(理華ちゃんの練習を見て)それにしても相変わらずがさつだな

マリオ:ばたばたしてるように見えるよね(スケオタじゃなくてもそう思うのかとちょっと意外に思ういちスプ)

本郷理華さんのキダム

マリオ:ふーん、鈴木明子が振り付けなんだ(初めて知ったらしい。いかに今季見てないか)

いちスプ:うん、悪いところをうまく隠しているいい振り付けだよ。

マリオ:この子は手足すごく長いね。

いちスプ:背も高いからねえ。首も長ければいうことなかったのかもしれないけど、なかなかうまくいかないもんだよ。

マリオ:ばたばたしてるよなあ(それしか感想はないのか?)。

いちスプ:まあね、手足が長いっていうのもかえって難しいらしいよ。ちゃんときれいに動かさないと余計に目立っちゃうから。

マリオ:なるほど(と言い残して席を立ってキスクラの時に戻ってくる)。点数が出ても表情まったく変わらないで固まってるのな。

いちスプ:思っていたよりも得点が低いって思ってるからじゃないの? 去年は64点も出ればたいしたものだったけど、今季はあほみたいに点数がインフレしてるから

マリオ:ふーん。そういうものなのかね

グレーシー・ゴールドのタンゴ

マリオ:(どうやらゴールドはよく知らない模様、特にコメントなし)

いちスプ:(興味をもたせようとして)この選手は真央ちゃんと同じ振り付け師が振り付けている。

マリオ:え? そうなんだ。(また席を立つ。コンビジャンプとフリップ失敗した後に戻ってくる)

いちスプ:この子も背が高いんだけど、この子の場合はむしろ身長の割には腕が短いんだよね。

マリオ:(うなずく)

いちスプ:でもこの子のほうが腕の使い方はきれいだと思うんだ。

マリオ:そうだね(といっても特にその後コメントもなく見届ける。キスクラ中にリンクに出た知子ちゃんを見ながら)このコーチ誰?

いちスプ:濱田コーチっていうんだよ。いま大活躍よ。ジュニアの上位にいる女の子たちなんて結構このコーチについてるんじゃないかな。関西大学の。

マリオ:(世界ランキング1位と聞き)うわあ、宮原って1位なんだ。

いちスプ:そらそうよ。日本人二人とも世界1位だよ

マリオ:二人とも1位ってありえるの?(女子が2人1位という意味にとったらしい)

いちスプ:だって羽生も1位でしょ?(つうか、あれだけマスコミが羽生羽生って言ってたらふつう男子も1位って思うんじゃないか?)

宮原知子のファイヤーダンス

いちスプ:(冒頭からコンビジャンプ跳んでしばらくして)これ見てたってどう考えたって宮原のほうが本郷より圧倒的にうまいよなあ。だからさあ、大柄ならいいっていう問題じゃないんだよ。

マリオ:うごきがびしっとしてるよね。(例のジャッジのほうを向いてアピールするあのフレーズのくだりになると)おおすごい、「うぉー」って会場が盛り上がってるじゃん。会場がらっがらなのに。

いちスプ:(あまりにも素朴で、かつ意外と鋭い指摘に絶句。一瞬「まさかフジテレビで音声被せてないよね」と背筋が凍るものの「いや生放送だし。盛り上がるっていってもちいさくどよめいてるぐらいだし。少ない中の大多数が日本人なんだよ」とフジテレビやらせ疑惑を頭の中で打ち消す)

いちスプ:(ステップ見ながら)まあ強いていえば、もっとステップのときに一蹴りが長ければ、ぐらいかなあ。もっと見栄えがしそうな気はするけど、この辺は体格の問題もあるのかなあ。

いつものごとく知子ちゃんのいい意味でいえば安定感、悪い意味では意外性が少ない演技が終了(でも試合だから意外性追求してもしょうがないし)。

村上佳菜子のロクサーヌのタンゴ

マリオ:(ウォーミングアップを見ながら)なんか変な衣装だよね。

いちスプ:どこが変なの?

マリオ:黒いってこと以外意味を成してない衣装だ。

いちスプ:別にいいじゃない。そんなに変かなあ。

マリオ:変だ。でもすごくこの人やせたよね(ジャンピングジャックフラッシュ時代と比較しているのだと思います)

いちスプ:それはいえるかもね。

マリオ:(コンビジャンプを見て)この人ちょっと脚を巻いた感じで跳ぶのが気になる。

いちスプ:確かに多少そういうところがあるのかもしれないけど、別にいいと思うの。だって、伊藤みどりなんてほんと脚を巻いてあんなジャンプがんがん跳んでたけどそのせいで減点されるとかそういうことはなかったと思うし。でも今は採点の仕方が違うから、そういう跳び方の気があるといちゃもんつけられるのかも。まったく世知辛い時代だよ。

(ダブルアクセル着氷を見て二人ともうぉっと胸をなで下ろす)

いちスプ:(ステップ見ながら)こんな風にさあ同じ片足でエッジだけ変えてあんなに長い距離進んでいくステップなんて今時の選手でやる人ほんと少ないんだよ。

マリオ:え、そうなの? レベル高いんだ。

いちスプ:この大会に出てる女子でほかにあそこまでやる人はいないんじゃないの? その意味ではこの大会でトップだよ。第一、羽生だってできないよ。

アントニオ:(マインクラフトをタブレットでプレイ中)ままー、このスクショをタブレットの壁紙にするのどうすればいいんだっけ?

いちスプ:(聞こえないふり)

アントニオ:ままー、このスクショを壁紙にして!(今じゃなきゃいけないのか?!つうかいい年して多少は空気読めこのどら息子)

いちスプ:あと2分待ってください。

マリオ:なんか……村上ってものすごくエッジ倒して滑るのな(それがいいことだとよくわかっていない様子)

いちスプ:それって技術が高くないとできないんだよ。つうか、この人はうまいんだよ!

マリオ:(演技後)山田満知子コーチはおらんのか(と、とても残念そう)

いちスプ:来てないかもねえ。もうあんまり海外の試合は行かないみたいだし。ボストンの世界選手権には行くのかなあ……。

マリオ:じゃあこのコーチ誰?

いちスプ:樋口コーチ。樋口美穂子コーチ。宇野昌磨もこのコーチが帯同しているし。

マリオ:おお次は長洲未来なのか!(と、知ってる選手が出てきてうれしそう。この人、ある意味バンクーバー五輪はしっかり見てたのよね)

といいつつ、席を立つマリオ。この後、アントニオが点鼻薬がどこだとかなんだかんだ言い出して、いちスプも未来ちゃんもアレーヌも落ち着いて見られませんでした。

こんなだらだらと何が言いたいかって? いちスプもマリオも荒川静香の解説をろくに聞いていなかったということですかね。