自己採点55点発言を後悔とは、世の荒波にもまれてきた大人な真央ちゃんならではですね。どんな発言だってすぐにメディアにたれ流される真央ちゃんですもの、自分で55点って言っちゃったら、浅田真央本人がそれぐらいのできだと思ってるんだからもっと採点辛くしてもいいんだ、って審判たち思うかもしれないじゃないですか。

経験豊富の真央ちゃんはそういうことちらっと頭によぎったのかもしれません。マスコミや私の書いているような一般人レベルのブログやSNSで一気に拡散されて、これはまずい、ちょっとおおごとになってしまうと思ったのかも。真央ちゃんの場合「思わずこう言っちゃった」ことが波を立てることなくスルーされることがないんですよ。「失言できない」というプレッシャーを16歳ぐらいの頃からかけられてきたわけです。自己採点55点発言レベルでも失言になりかねないプレッシャーってすごくありません? こんな失言だらけのブログ書いてる私なら耐えられないわ。

試合感はそんなに失っていないかもしれないけど、世界的に注目を浴びるアスリートとしての対メディア危機察知能力はちょっと緩んでたのかも。

でも訂正した点数が70点というのも笑ってしまうんですけどね。真央ちゃんってこれまで徹底してチェックされて厳しく見られてきたから、つい自分に対する評価も厳しくなっちゃうのでしょう。そんなに厳しく自分自身を見ながら、なおかつ自分の力を信じるなんてすごい。

さて、昼間に連れに言われたのです。「ハードディスクの容量が急激に減っているので、息子の見たい番組が録画できるか心配だ」と。私は「フィギュアスケート」「浅田真央」「プルシェンコ」「宇野昌磨」をハードディスクレコーダーのお任せ録画のキーワードに設定しているんですけど、どうやらここ1~2ヶ月のテレビ東京の番組録画がものすごい量たまっていたみたいなの。なので消去するためにいちいちチェックしていたのですが、消しても消してもわらわらとジャパンオープンがらみの録画タイトルが出てくる(その合間を縫ってみうちゃんがプルさんに指導を受けた番組や、きみまろがPIWに行った番組もチェック)。

確かにジャパンオープンの場合、例年宣伝がんばっていますし、多めに録画されるものなのですが、浅田真央現役復帰をここまで派手派手しくカウントダウンしてたなんてさっきまで知らなかったんです! しかも当日の大会録画放送の前にやってた夕方の特番、今見てるんですけどね、当日の曲かけ練習を通しでまるまる撮影して、八木沼さんと織田君のコメント付きで放送していたんですか? 私、開いた口がふさがらなかった。休養前も毎年そうしてたんでしたっけ? よく考えてみたら、昨シーズンのグランプリシリーズとかの特番で羽生君はそんなふうに取り上げられてたような記憶もなきにしもあらずですが(おそらくそうだとしたら私は早送りしてしまっていたかも)、曲かけ練習をまるまる地上波で特番として報道されちゃうのって生放送じゃないにしてもきつくないっすか?

ともかくそうした録画された番組を一部は早送りなり1.5倍速なりして見てるそばから、浅田真央をキーワードにスポーツニュース関係の番組がどんどん録画されていくんですよ。なんなの、この借金を返しても返しても返し終わらない感は。やっぱりテレ東さんのネオスポだったと思うのですが、今日なんて「浅田真央の金メダルの可能性」がテーマですよ。金メダルって、12月のグランプリファイナルのこと?って思ってたら平昌五輪の金メダルの可能性についての特集だった。

いちごスプーンのお口は再びぽかん状態。

真央ちゃんに対する注目度って想像を絶してます。1日でジャパンオープン関連の番組消去が終わらない……。最近寝るのが遅くて寝不足。