どのキーワードがGoogleで検索されているかを教えてくれるツールなんでしょうか、Google トレンドというものがあります。そこでMao Asadaというキーワードで検索してみました。

地域別人気度の欄は国別の数値。一番多い国を100とするようです。期間は2004年から現在までで引いてみました。これは今日の時点でのスクショです。

MaoAsada国別まあ、日本人なら「浅田真央」で検索しますからね。あと考えられるのは、日本人は浅田真央に関する英語などヨーロッパ語圏の言語の記事を韓国人ほどは検索しない、興味がないということですかね。真央ちゃんは日本の宝なんですから、他の国でどう思われようとそんなこたあどうでもいいことだともいえますし。

では同じ期間都市別となりますとこうなります。今日の時点のスクショ。

MaoAsada都市別

いったい韓国人はどれだけ真央ちゃんが好きなんですか? あとなぜか唐突に横浜市が2位にランクインなんですよね。ちなみに東京の場合は市区別に出ます。つまり渋谷区とか豊島区とか。なので、横浜市というくくりだと人口が日本で一番多くなると考えられるので、こういったデータになっちゃうのかもしれません。

ともかく、ここまで韓国の方々が真央ちゃんについて英語などでどのように書かれているのか知りたがってるというのが見てとれる以上、じゃあキムヨナさんはどうなのかと調べるわけですよ。逆に日本の人はどれだけ興味持っているかと。

Yuna Kimで引いてみました(ちなみにKim Yunaでも引きましたが結果は同じようです)。地域別人気度の国別の今日の時点でのスクショ。

YunaKim国別

実は画面のスクショだと国別人気度すべての順位が入るように撮れないんです。一番人気は当然大韓民国でした。ところが上位陣に日本がありません。ですから参考までに一番下の国がはいるようにスクショを撮りました。日本はランキングのどこにもないので少なくともオーストラリアよりも数値が低いということになります。要するにYuna Kimさんに関するヨーロッパ語で書かれてる記事は日本ではほとんど関心の対象ではないようです。

でも、それ以前に日本人は総じて英語読まなさすぎなんですかね。私も言うほど読んでませんが。日本人って何でも世界での評判を気にするように思われがちだけど、実は全然気にしないタイプなのかも。

一応、都市別も。これは全部の順位が同じ画面に入りました。今日の時点でのスクショ。

YunaKim都市別ま、そういうことです。ケソン・シティってもしかして北朝鮮の開城のことかな?

時期別などで分析結果が出ますし、関連キーワードもいろいろ出てきますのでおもしろいですよ。Yuna Kimで検索されるトピックの候補で出てくるキーワードがAdelina Sotnikovaなんて、世界の人々は何やってるんだって気もしますが。興味ある方はGoogle トレンドで適当なキーワード入れて遊んでみてください。Yuzuru Hanyuとか羽生結弦とか(真央ちゃんと比較すると面白いかも)、安藤美姫とか(関連キーワードとか他人事ながら情けなくて泣けてきます)プルシェンコとか。なお、カテゴリーをFigure Skaterと指定したうえで同じMao AsadaやYuna Kimで引いても結果が違ってくるようです。もちろん日本語で入れるとまた違う結果になりますし。

……夜更かしして時間をつぶした割にはたいした内容のないエントリになってしまった。