アジアカップは時間帯が私にとって都合が悪くて、ほとんど見られなかったんです。今日は見なきゃと思っても、やっと後半からという状態。

試合が終わった後、岡田武史さんが「決めるところで決められないともうずっとそう言われ続けているのだから、そろそろその原因を本気で考えなきゃいけない」というようなコメントをされていました。

私はメンタルが一番の原因ではないと思います。やっぱりキック力だと思う。一瞬でボールの芯っていうんですかね、それをとらえて、強くまっすぐな速度のあるキックを蹴ることが、代表レベルの選手でもコンスタントにできる人が少ないからではないかと素人ながらに思います。

緊張しやすいなんていうメンタルが原因にしては、シュートの数に対してゴールできる数があまりにも少なすぎるもの。今日に限らず。ゴールからボール一つ分横にずれてしまったり、キーパーが手を出す、反応するのが間に合ったりしてしまうのは、ああいう大会に出てくる各国の代表チームの中では蹴るボールの威力がないからではないかと。

私が言わなくてもチーム内でさんざん指摘されているんだと思うんです。で、実際、特に本田選手や香川選手は試合中も意識して蹴っているのでしょう。でも、蹴るポイントが微妙にずれるから、あれって思うほどふかしてしまったり、ボール一個分ゴールの外にずれたりしてしまうんだろうなと。(追記:PK戦のことではありません)

じゃあ、そんなすごい選手たちがどうして強くてまっすぐで速度のあるキックを打てる確率が少ないのか、ということになりますよね。うーんやっぱり、日本サッカーの場合、子供の試合とか見ていてもマナーがいいせいなんですよ。ディフェンスが露骨に体当たりにいかないからではないかと思ったわけです。つまり、ディフェンス側がそこまでハードに迫ってこないために、オフェンス側はパスでもシュートでも時間的に余裕が持ててしまうのが、この問題の根源なのではないかと。ちょっと時間をかけてじっくりボールの芯に当てるとか、弱めにキックしてもじゅうぶんで、即座にまっすぐ強く速度のあるキックをしなくても、ゴールが決まってしまう。結局、まっすぐ強く速くボールを蹴ることに磨きをかける必要がないからなのかも、と。

だってファールも何も気にせず体当たりしてくるような相手と小さい頃からサッカーしていたら、即座にボールを芯に強く当てるように心がけない限り、自分がボール出す前にあっけなくつぶされちゃうわけでしょ? だから素早くボールの芯をとらえることを小さいときから意識すると思うんです。崩したりどこにパスを出すかを考えるよりも先に。

ぶつかられてもはじき飛ばしてボールをキープできる本田選手は、それができるからこそ日本代表に不可欠です。でも、逆に言えば、パスにしろシュートにしろ相手にぶつかって来られるより先に、即座にボールを正確に強く打つことができれば済むわけで、そういう意味で、よりによって相手のディフェンスが固いときに、本田選手にボールを預けてというやり方に頼っているようじゃしょうがないようにも思うわけです。

専門用語ちゃんとつかえなくてごめんなさい。サッカー好きだというならいいかげん少しは関連ボキャブラリー増やさないとね。

実際、崩せるような相手なら華麗にゴール決まるけど、崩さなくても点を入れるサッカーができないのが、日本代表の伸び悩み。昔は崩せるような相手でも崩せなかったわけなので、せめて崩せる相手なら崩せるようになっただけ、つまり遠藤選手のセンスのおかげで、決して悪くはないのですが、崩さなくても、なおかつそれがセットプレーじゃなくても点を入れることができるチームになれば、今日みたいな取りこぼしは減るだろうなあ。

ともかく今日の敗戦は少なくともメンタルが原因じゃないと思います。そういう意味で、山本昌邦さんがいう「勝たないと自信につながらない」というような話は、今日の試合には当てはまらないように思いました。ドログバが出てきてびびったというのと同列には語れないわけですよね(そもそもドログバが出てきてびびったとしても、私がだらだら書いてきたような技術があれば、びびったこと自体はあまり試合結果に影響を及ぼさなかったように思いますが)。

負けたときくやしかったんです。いや、むしろコンフェデ杯に出られないというのが残念だった。でもよく考えてみました。

ワールドカップの前年の夏にコンフェデ出て体が休めない状態でワールドカップイヤーを迎えるよりも、ゆっくり休んだ方がワールドカップの頃には選手のコンディションが整うのかもしれないと。コンフェデ杯はりきっちゃったあとのドイツW杯やブラジルW杯は結局うまくいかなかったけど、コンフェデ杯出られなかった南アフリカW杯のほうがいい結果は出していますし。

うん、よかったんだこれで。今は海外のクラブでプレーする選手も多いから、コンフェデ杯みたいな代表国際試合の必要性にこだわることはないんです!

ああ、しんどい。