というわけで、話は2ヶ月半前に戻りますが、チケット買ったわけですよ。一般販売のその時間の10分前に近所のローソン行って、とりあえずコーヒー買って飲みながらLoppiの前で陣取ってました。スケオタとまで呼ばれる方々がどういう経路でチケットというものを入手しているのか実はよくわかっていないのですが、すぐ売り切れるっていうんだから10時にはLoppiの前におらんといかんということだと推測されます。理想では10時きっかりに購入ですよね。9時55分ぐらいから、端末のその購入ページにどうやって行くのかシミュレーションしていました。思いっきり近所のローソンでね。バイトさんたちの前で。

で、10時びったんこでも、もうアクセスが集中しています状態でしょう? パニクりながら適当にSOIの3回公演のどれかを選んで、アクセスできたら、席指定、SS席でアクセス集中状態ならばと、一からやり直してS席を押してみるとかばたばたやっていたら10分後ぐらいに購入できたわけです。その日、全日本も同じく発売してたなんて知らなかったので、すげえ、フィギュアスケート人気ってすげえ、アイスショーって本当に瞬殺なんだと感心していたわけです。これが全日本のせいだったのか、揺らぐ事なき「だいまお」人気のせいだったのかはわかりません。どちらもなんでしょう。

もちろん真央ちゃん見たかった訳なんですけど、決め手になったのは、むしろパトリックとカロリーナでした。むしろ調子がキレキレなんじゃないかと予想していたんですよね。カロリーナ残念だったなあ。

ともかくそうやって私なりにげっそりしながら手に入れた席が、北側のスタンド1階のBエリアの上のほうでした。はあ、これで2万円近くする席なのかあ、いったいショーを毎回チケット買ってすべて見ている人って、どういう生活レベルにある人たちなんだろうと、想像を絶するわけです。そういう人たちが、ツイッターのタイムラインではいろいろツイートしている。これは観客も観察してこなければならないと思いましたよ。

私の視力じゃまちがいなくスケーターたちの顔ははっきり見えないだろうなあ(双眼鏡などという道具なんてすっかり忘れてた)、でもこの席って、リンクを縦長に一望できるじゃん? サッカーの試合でとっていたチケットの席に比べれば全然よく見えそうだし、かといってサッカーとは違ってテレビではなかなか見られないビューだからかなりおもしろいかも、と気を取り直して、以来ずっと楽しみにしていたわけです。

前夜なんて緊張してお腹いたくなってきたぐらいです。本当にテレビで見ていたスケーターたちが滑っているところを生で見られるわけ?って。あまりのことになぜか逃げ出したくなるわけです。なんで見に行くだけの私が緊張しているんだって。だもの、スケーターの人たちってどうやって○万円もする入場料払ってやってくる○万人のお客さんの前で、緊張をコントロールしていくのだろうと思います。はい。

で、当日行ってきました。

2015/01/img_3039.jpg

一応証拠写真をぱちり。

中に入ってまずパンフレットを買うのに20分ほど並んでそのあと、プレゼント置き場の箱に貢ぎ物を入れ、それからトイレの前に行きました。

百聞は一見にしかずというのはこういうことなんですね。なんだあの列は。会場内撮影禁止っていいますけど、トイレの前の状況は是非撮影可にすべきですよ。でなきゃ切実さがわからない。それでこれだけ並ぶんですっていうことを周知すべき。「いつものごとくとても混雑」じゃ私みたいな初見さんにはわからないじゃないですか。

一応、数字をあげておきます。開場20分後から北側のトイレに並んで、用を済ませて出てきたとき「公演が始まります」というアナウンスが入りました。並ぶだけで30分かかったと見積もれますね。で、トイレや軽食売り場のあるところから階段を上がってくればそこは私の席のエリアに近いので、着席したころには木下グループの関係のCMがスクリーンに流れていたという状態です。

で、会場が暗くなってついにショーがはじまりました👏👏👏

続きは後日。ものすごく感動しているんですけど、要点をかいつまんで書けないから、また時間かかっちゃうんだろうな……。