リプたんがエテリコーチから離れたとか離れないとかいう噂や、そのこと以前に彼女が今シーズンの欧州選手権や世界選手権の代表から外れたという話を読み、ああ残念だなあと思いまして、いかに私がリプたんのスケートを気に入っていたのか改めて思い知ったわけです。

少なくともリプたんはどういう風にプログラムを一つの作品としてプレゼンテーションしようか、よく考えているんだなあって見ててわかるじゃないですか。衣装のこだわりもその一つなのですけどね。

なので、たとえば、クレオパトラになるために日サロに行き、前髪パッツンwにするという発想は割と好きなんです。ただし、日サロに行って、髪を切りさえすれば表現力がアップという意味ではないですよ。スケートはちゃんとやろう、少なくとも、技術を向上させるというか、しなくても向上したいという意欲は見えるようにしようよ、ということが前提なんですけどね。

リプたんの場合、何かと今シーズンはジャンプのエッジのこといわれていますけど、別のところは昨シーズンよりもうまくなったと思っています。グランプリファイナルの前でしたか、ファイナルの特番で、登場する選手の過去の代表プログラムを流していたのを観ました。リプたんはシンドラーのリストだったんですけどね、一年ぶりに見てそりゃあもうびっくりしました。ええっ、こんなにリプたんってかっくんかっくん流れが止まる無骨なスケートしてたんだって。逆に言えば今シーズン、ジャンプという意味では、特にフリーでは調子の悪い試合ばかり見ましたけど、それ以外の要素やつなぎのところは違和感なかった。今シーズンはまじめにシングルはシリーズ全選手の試合見たので、もし去年みたいなかっくんかっくん無骨なスケートだったら、ほかの選手とも比較してもこりゃあかんって悪い意味で印象に残っていたはずです。要するにうまくなっていると思うんですよね。決して投げやりじゃない。すごく努力していたのだと思います。

私はリプたんのどうしたらそのプログラムの世界を表現できるかといろんな意味でトータルに考えようとする姿勢が好きです。衣装もほんとぴったりなものを選んできますよね。そもそもロシアって昔から衣装をどうするか非常によく考える伝統があると思います。滑りにくそうでも見栄えというか世界観を出そうとするこだわりっていうのかな。タラソワ先生が真央ちゃんに衣装を送ってくることがあったそうですが、あれは真央ちゃんのことが大好きだというのはもちろんのこと、先生にしてみたら、真央ちゃんは良くも悪くもフィギュアスケートを技術次第と思っていて衣装に実用性ばかりを重視しすぎ、あるいは無頓着に見えていたからではないかと思うわけです。

私が幼い頃、運動神経、特に平衡感覚が悪いというのに、年に一度のNHKのフィギュアスケートの試合をテレビで見るのが習慣だった理由は、実母が「共産圏の国の選手の衣装は本当にきれい。ソ連とか東ドイツとかよく考えてお金かけているでしょう? そこがいいのよね。きっと国でお金つぎ込んでいるんでしょうね。西側の選手はそこまでしないからおもしろくない」と言いながら、毎年チャンネルを合わせていたからです。確かにペアとかアイスダンスとかきれいだった。で、当時その中でもインパクトが強かったビット様は、我が家では相当な評価をうけていたわけで、未だに私にはビット様は偉大なりという刷り込みが消えません。まあ、ビットええなあと言っていたのはどちらかといえば亡き父なのですが、母はひたすらソ連人選手の衣装についてああだこうだ言っていました。

ちなみに実母は羽生君ファンです。夏に実家に帰ったときに彼のDVDが買ってあって、しかも帰り際には『蒼い炎』を持たされそうになりました。そういうことなんです。そういう価値観の人なんです。表面しか見ない。目をこらせばその裏から見えてくる哲学なんてまったく興味がない。だから実際『蒼い炎』をどれほど読み込んでいるのかも不明。とはいえ読み込むほどの本かどうかは私には不明ですが。「ごめん、興味ない」と突き返してしまったので。

「髙橋君いいなあ、すごい」なんて言っても私が実際に読みたいと思ってあえて購入した彼に関する本は『身体を引き締める食べ方1:1:2』ただ1冊なので、もともとフィギュアスケーターに関する本はあまり読まないんですけどね。

ともかく羽生君はたしかにかっこいい。スケートも華やかに見える。わかった。そこはいい。でもあなたの言うことで納得いかないことがある。

真央ちゃんの衣装をけなすのはおかしいでしょ。「いつも衣装の色とかデザインが彼女に合ってないと思っていたのだけど、この間の会見の緑のドレスはすごく合っていると思った」みたいな褒めてるんだか褒めてないんだかわかんない言い方は、私も多々受け継いでいると思いますけど、承服しがたい。真央ちゃんはトリプルアクセルを跳ぶためにデザインと滑りやすさを天秤にかけるなら滑りやすさを重視していたの! 真央ちゃんのラベンダーカラー、私は大好きなんです! そもそも似合ってるでしょうよ。去年のゴールデンウィークにあなたに会ったとき、確かにあなたは戦時中の大陸生まれであるけど、だから感覚がなんか海を越えたところに暮らす人みたいなんだろうかと泣きそうになるほど真央ちゃん(の衣装)を一方的にけなすものだから、その前の月に私は日本橋の真央ちゃんの展覧会に行って目を潤ませていたなんてとても言えなかった。真央ちゃんへの尊敬とあこがれを、あなたのような口の悪いばばあに踏みにじられたら、ののしり合いになって帰宅できなくなっていたでしょう。とはいえ、そこまで価値観が相容れなくても銃で撃つことはしませんけどね。

で、そろそろ本題に入りたいのですが、前置きが書きたかったことからそれまくって時間がなくなったので後日にします。

支離滅裂な内容で申し訳ございません! しかも感謝すべき対象である親のことボロクソに書いているし。礼節を重んじるフィギュアスケートファンの方々はさぞや不快に思われることでしょう。

……せめてこのエントリに説得力を持たせようとビット様の華麗なお衣装のお写真のリンクを張ろうかとネットを徘徊しました。カタリナ・ビットと画像検索するとキムヨナばかり出てくるの勘弁してください。なのでビット様のお写真は断念。