リーザの練習中のトリプルアクセルを見て、もともと高くジャンプできる選手だから結構いけるんじゃないかとわくわくしたのですが、考えてみるとまだいろいろ越えなきゃいけない難関がありそうですね。

まず、3A入れてプログラム滑りきる体力があるかということにつきますね。リーザは今季あんなにたくさん試合に出て、コンスタントな成績を収めることができたわけなので、単純な体力という意味ではありそう。だからその点は期待できます。でも、本当のところ、ほかのエレメンツも損なわないように3Aを入れてたとえば4分滑り続ける、ってどれだけ疲れることなのでしょうか。

ショートプログラムならば短いから、といってもこちらは一つのミスが大きく出遅れる要因となる採点方式なわけで、普段から20回跳んで20回成功するぐらいじゃないと《ふつう》の考えの持ち主の選手やコーチならば、やめるべきだと判断するでしょう。女子なんだからやる必要ないと。そういう意味でも真央ちゃんは価値観が《ふつう》じゃなかった。信夫先生だって3Aやってもいいだろうと「心から」ゴーサインを出したのはソチ五輪の年だけだったと思います。

そういうこと考えると、あのとき真央ちゃんのコーチがタラソワ先生でよかったと思うんです。あなたが3Aをやらなくてどうする、という考えの人だったわけでしょ? タラソワ先生についていなかったら真央ちゃんの3Aはシニアでの最初の2~3年でおしまいになっていたかもしれない。

それはもう外野からやめとけって言われたと思いますよ。絶対スケ連とか「やめればもっと点数が出る」ってしつこく言ってたはずw   むしろ体力温存して、入りや出の工夫だの、つなぎやら顔wの表情やらをポリッシュしたほうが点数が出るとかなんとか、ともかくISUのジャッジの判断基準を押しつけようとしていたでしょうね。それでも真央ちゃんは聞かないから、メディア使って「浅田のトリプルアクセルの不確実性」をネガキャンしていた部分も少なからずあったのではないかと。主体的にメディアを使わなくても、アクセルに限らず色気(という名の下品さ)に欠ける、とネガキャンするメディアを知らんぷりして放置していたわけですし。(そういえば白鳥の湖が子供っぽいとのたまった、信じられないアホがスケ連にはいるらしい。なんじゃそりゃ)

それなのに、《言い訳することなく》すべて《自己責任》で《ふつうじゃない》価値観を選手生活通じて持ち続けた真央ちゃんは相当《ずぶとい》人で、残念ながら現行のISUの基準を考えてみても、女子でトリプルアクセルを心配失敗に懲りずにやり続ける、やり遂げるにはそれぐらいのずぶとい根性がないといけないわけです。

リーザも臥薪嘗胆的な選手生活を送ってきたようなところがありそうなので、その辺の精神力も割と期待できそう。

なので、体力・精神力はリーザの場合あまり心配していません。でも、先にもちょっと触れましたが、結局ジャンプの入りや出に工夫がないと、またこれがGOEが伸びないとかなんだとかいう話になるんでしょうか? それなら今できる高いジャンプの工夫に力を入れようみたいな話に陥りがちになるわけで、その辺も乗り越えないといけない。

もうね、ISUは女子のトリプルアクセルを審査する基準をほかのジャンプと同じにするのをやめてください。回転不足はともかく、「出入りに工夫がないから」という理屈を高難度のジャンプにも適用するあまり、3回転1回転3回転やったほうが結果的に美しいジャンプだとみなされて高い評価を得てしまう採点方式、何かがおかしいと思う。(4回転のある男子シングルもその手のトリックがあるようですが……)

そもそも3-1-3のコンビネーションって、プログラムの中でそんなに美しく見えるもんなんですか? あれこそ中途半端な技術じゃ流れを止めているように見えてしまうので、理屈ではGOEは厳しくなるはずだと思います。あの組み合わせどうも好きになれません。それでもジャンプのバリエーション増えるからという意味で私も納得せざるを得ないけど、美しくもないバリエーションが増えてもさあって。

本当にリーザにはあきらめずに3Aをプログラムに入れてほしいと思います。彼女のいいところは高いジャンプなのだし、きれいに入れられると思う。やるなら冒険できる今がいいし、身長的には彼女ぐらいが一番有利に見えるし、本当に今を逃してしまうとチャンスが少なくなる。

それに3Aがあれば女子の競技会もジャンプの組み合わせのバリエーションが増えます。今の女子の試合は、どの選手もジャンプに関していえばやってることは似たりよったり。トゥループよりも得意な意識があったからとはいえ、わざわざ3-3のコンビネーションのセカンドをループにして、それを押し切ってしまう真央ちゃんみたいに価値観が《ふつう》じゃない選手はやっぱり貴重だったと思うのです。

メンタルの強さというのは試合で緊張するかしないかだけを指すのではありません。残念ながら真央ちゃんが持っていたような類いのメンタルの強さは点数には反映されませんが。