グレイシーがNHK杯優勝した後、インタビューで必ず「もしファイナルに行けたら」とか、次の試合の話をするのに全米選手権を前提に話しているように見えたので、どうしてだろと思ってたんです。それが何回か続いていたので、GGってもしかして(いえ正直に白状します「やっぱり」って思っていました)頭悪いのかって愚かな私は誤解していたわけです。

でも足の疲労骨折でファイナル棄権するという発表を知り、うわーって思いました。やっぱりこの子はメンタル強いわ、と。あの後、彼女はインタビューを受けるたびにファイナルの抱負を聞かれたに違いありません。「行けないだろう」と思っているのに何度も聞かれたら私だったら切れそう。実際、切れる選手いるんじゃありませんか? それでも「ファイナルは?」と聞かれたら、「進出できてうれしい」とか「楽しみだ」とか、もともとポーカーフェイスなところはあるとはいえ、ほとんど顔色も変えずに社交辞令おっしゃっていたわけで。あの状況ではそうせざるを得なかったからでしょう。

本人としては覚悟はあったとしても、帰国して検査してから最終的に決めようって話にもなりますしね。となると、大会直後にケガをしているって発表できない以上(本人だってグランプリ初優勝よりもけがのことばかり注目されたらいやだったでしょうし)、エキシビションは出場しないとペナルティ食らうだろうから出ざるを得ない。で、優勝者として登場しないといけない。大変だったと思いますよ。それなのに平然とした様子で、優勝したおかげで増えたであろうメディア対応、インタビューもこなして帰国したなんて、芯の強さに感心しました。

本人がコメントを出したとおり、今シーズン大事なのは世界選手権とその出場権利を得るための国内選手権です。世界選手権は毎回、自分のためだけでなく翌シーズンの国としての出場枠がかかっているという面もあります。その中でアメリカのフィギュアスケート連盟からもGGは一番期待されているはず。例年年明けに全米選手権があったように思いますが、じっくり治して準備整えられますよう、祈っています。がんばれ!

昨シーズンの全米選手権後のGGに関する投稿ですが、貼っていた動画のリンクを直しました。ソチの女子フリーでGGは転倒してしまったこと、団体戦も戦ったこと、そしていくら元気いっぱい健康的な眠れる森の美女に見えてしまうからといってもGOEやPCSのインフレがほかより押さえられてる?という評価もあって女子シングルでは総合4位でしたが、改めて自分の投稿読んでみても、あのソチのフリー最終グループについてはいろいろ考えさせられてしまいます。

それから、前回こんなことも書いていますが、引き続きご意見いただければ幸いです。『ハイスクール・ミュージカル』のようなイメージがあるというご意見をいただいております。ありがとうございます。

これももうかれこれ10年近くたつようで、時の流れる速さに恐怖を感じました。

ともすれば迷走しているように思えるGGのプログラム選び……おそらく本人はいかにもこういうアメリカン・スイートハート的ステレオタイプを競技プロとしては避けたいという意思が強いのではないかと。その辺の折り合いどうつけるかなどいろいろ葛藤があるのかもしれません。

ところで、私はGGが昨シーズン最初にやっていたSPのプログラムのほうが選曲も含めて悪くないと思ってたんですよ。

この動画でも音楽はどうかな、みたいなこと言っているんでしょうか……でも私はなぜ今シーズンも引き継いだあのSPに変えたのかなあって思うんですけどね。私はこのガーシュインをソチで見たかったです。

GGはすごく練習してそうだし、ガッツもあるし、わりと勝ち気なコメントするし、キャラ的には私の好きなタイプです。だからだから、平昌オリンピックまで私は期待してるんですよ!!!