雑な投稿になりますが、ご意見募集いたします!

GGはものすごく練習も頑張っているんだろうなってわかるんです。五輪の翌年なのに試合に出て、昨シーズン自分がいたレベルまで持ってくるのってたいしたもの。五輪に出た女子で去年上位だった選手の場合、そういう人はいそうでいないですし。リプたんはジャンプの難易度落としてますし。もちろんNHK杯優勝も妥当。

昨シーズンGGの演技を見ながら「表情が硬い以前に、上半身硬くね?」などと思っていましたが、今はそれほどまでには感じないですしね。やっぱり進歩していると思うんです。

でも、でも、なぜかぴんとこない。プログラムが。「ローリー/GG/クリスティーヌ@オペラ座の怪人」の必然性がわからないなんて前回も書いてしまったけど、悪くないんですよ。もちろんプログラムとしても高いレベルにあるのはわかるんです。ああ、去年の明子さんを見てしまっているせいなのか……。

なお、私が唯一思いついたのは「キャッツ」です。ポゴ子が去年エキシビションでやっていたネコネコしたプログラムではなく、普通にキャッツの曲をいくつか使ったプログラム。去年カメレンゴさんが佳菜子ちゃんに勧めていましたが、佳菜子ちゃんはバーブラのイエントル選んだんですよね。

え、イエントルってミッシェル・ルグランが作曲していたんだ?!!

支離滅裂になりましたが、ご意見いただければうれしいです。

追記:

これ見てると、確かに抹茶ラテは勝負メシだったと思うもの。