グランプリシリーズ初戦の感想です。技術的なことはもうよくわからないので。

  • スポンサー看板:大山式が気になるという話は目にしましたが、なんといってもLife CARD(アイフル子会社)。やっぱり消費者金融会社の目には、高いお金を払ってフィギュアスケートを見に来るような人々は潜在的顧客層として映るのでしょうか。
    skateamerica2014lifecard

    スケ連はしらばっくれてるみたいだけど、アイフルはグランプリシリーズのスポンサーなんでしょうね。
  • BSフジでやっていた「フィギュアスケート日本 期待の若き星たち」の録画を見ました。今年の期待の若き星でまずは紹介しておかなければならない人って宮原さんじゃないの?と思ってたので拍子抜け。羽生君を見ていて思ったのは、彼は良くも悪くも自分の演技を具体的に解説しすぎだということ。賢いせいか答えが親切すぎです。どういうものを表現したいかを具体的に説明しすぎちゃうと、ファンにとって彼の演技を見たときの印象や解釈の自由が狭まっちゃって興ざめではないか心配。たとえば町田君も自分の作品について雄弁ですが、ティムシェルだの極北だのしゃべっている割には「実際に見てみないと意味がわからない」じゃないですか。その違いは大きい。で、町田君の二つの演目の初演、お見事でした。
  • 男子SPの前にThe Skating Lessonのツイートを読んでしまったのでついついそういう目で見てしまうのだけど、ほんとおもしろいですよね。

    町田君の何がおもしろいって、誰かほかのスケーターではなくて過去の自分に対してトリビュートしてしまうところでしょうか。彼の場合エキシビションで演目を選ぶときにそういうところがあるように見受けられますが(実際今回のエデンの東もそうだろうし)、今回のSPの振り付けも意図的にやっているんですよね、きっと。

  • 採点の基準、結局よいとされる演技とはなんぞやということが私にはわからない。ポイントの高いジャンプを成功させさえすればあとは凡庸でも点にはひびきにくいというしくみだと頭ではわかっていますよ。ジャンプ以外の要素が凡庸に見えてもレベルクリアしていればいいわけだから。たとえば、私はナムくんのFSよりはSPのほうが、はるかに好きなプログラムで良かったと思いますが、そういうこと書いちゃうと「クワドサルコウを成功させて、しかもかわいらしいんだからケチつけるな」「年齢の割にはよくやっていると思う」という返しをされるのでしょう。そもそもグランプリシリーズという場に出てこられるんだから、年齢の割によくやっているどころか年齢以上によくやってるのはもちろんのこととして理解しています(ラジ子ちゃんもしかりです。フィギュアスケートを見せる一つの作品としてはどうなの?とは思いますが)。勝ち気そうだし、茶目っ気を出せるところがいい。繰り返しになりますがナムくんのSPはいいと思いました。だから順位的にそんなもんなの?と驚いたぐらいです。彼の本来持っているスケーティングの良さの部分も出やすい振り付けになっていると思う。結局私の好みの問題なんでしょうけど、全般的にああいう曲調のプログラムはもっと評価されるべきだと思っています。
  • つまりカメレンゴ/髙橋の「道」は傑作だったんですね。ウィルソン/グエン版を見てしまうと「道」である必要があるの?なんて思ってしまうけど、そんなこと言ってたら今年は「オペラ座の怪人」である必要があるの?って話になる。それこそ「ローリー・ニコル」で「グレーシー・ゴールド」で「オペラ座の怪人」である必然性がまったくわからない。逆に言えば佳菜子ちゃんの怪人と女優を2つの演目で演じ分けるという試みはいい線いっているので、彼女にとって今年はものすごいチャンスだと思います。町田君が世界的に「まあまあだけどその他大勢」的な立場から、エデンの東を名刺代わりに「ほかの誰でもない町田樹の個性」を世界にプレゼンテーションしたときのように。
  • フェリーニの「道」のおそらくファンタジー的な部分、優しさと切なさをあのように抽出したカメレンゴさんと髙橋君の作品はすごいわけですが、それはあくまで彼らの解釈。でもウィルソン/グエン版は、深く考えずにカメレンゴ/髙橋版をベースにしてしまっているように私には見えてしまう。結局、何が言いたいかというと、ナムくんのFSを見て、私はあの映画を再見することが必要だと認識したこと。そして、オーサー組は他の人がやったことないような曲をもっともっと発掘した方がいいのではないかということ。元々勝つための戦略立てるのうまいのだから、選曲で冒険できるじゃないですか。
  • 私もサム・シーザリオの演技はSPもFSもよかったと思います。フィギュアスケートがジャンプだけじゃないというのを思い出させてくれますし。
  • エキシビション:ラジ子ちゃんとサムさんのホイットニー・ヒューストンどちらが好きかといえば、サムのこちらの曲のほう。Whitneydebut
    80年代リバイバル。ワオ。本当にめちゃくちゃ売れた曲だよねえ。ああ、デビュー時のホイットニー・・・。
  • グレーシーはなんで今回のエキシビションみたいなノリのよい曲を競技でやらないんだろう?
  • リーザ・トゥクタミシェワ。わかった、もうわかった。我こそアディオス・ノニーノと主張したいのはわかった。そうだよ、そのとおり、去年のヨナよりずっといいのはわかってる。それとも私が彼女を見かけるときに限ってこの曲が出てくるの?
  • そのアディオス・ノニーノのときアナウンサーが「去年この演技ができていれば、ソチ五輪でも彼女がメダルを取っていたかも」というようなことを言っているわけですよ(私も彼女のキャラは好きとはいえ「そこまで言えるか?」って強力押しにびびった)。「むしろこの演技ばかりだったからダメだったんじゃね?」と突っ込みを入れてしまいました。荒川番長もずっと解説やってるんだから、リーザの見たまんまの色気と貫禄のことだけじゃなくて、この曲との腐れ縁についてコメントしろって。
  • 無料で見られるグランプリシリーズのテレビ放送を大会全部、つまり男子と女子シングルとエキシビションを録画してすべての演技をその日の晩に見るということをやったのは今回初めてなんですけど、それだってペアやアイスダンスは含まれない。そこで、素朴な疑問。こういう試合をライストだろうとなんでも全部見て、場合によってはブログに記事書いているようなスケオタさんたちっていつ寝てるんでしょう? どうやって生活してるんですかね。廃人状態になっていないか心配です。仕事でもないのに4時間も睡眠に割けてないですよ。これがこの時期週2~3日ペースで毎週続いていくわけですよね。ですので、荒川番長をはじめ、フィギュアスケートの解説者のほとんどが基本的に「その場で思いついたことしか話さない」のは今回で納得しました。解説のためにスケーターたちの過去の演技を見直して勉強なんてする時間なんて物理的に捻出できなさそう。だから居酒屋は居酒屋で、安藤美姫が安藤美姫になるのは当然の帰結なわけで、素が出ざるを得ない。「荒川静香があんな調子なら織田信成が女子の解説もやればいい」なんて言うのは酷です。いくら素がよいからといっても、過労で死んでしまうわ。
  • お約束ですかね、真央ちゃんについて。男女シングル両方すべて見て感じたのは、真央ちゃんみたいに1つの曲の中でスケーティングによって緩急をつけることができる人ってほんと少ないということです。たいていの場合、手振りとか顔の表情を大げさにすることによってメリハリをつけようとして、最後の方は力尽きる。だから去年のノクターンにしてもピアノコンチェルト2番にしても、ぐわーっと加速させていくところとか、リンクの端から端までどころか、それじゃ足りなくてカーブして戻っていくほどのスケーティングってとてつもなかったんだなとあらためて。
  • スケートカナダどうしよう。