世界選手権ですが、テレビ中継もその前のYouTubeでのストリームもライブでは見られなさそうです。残念。

例えばサッカーもそうなんですけど、日本でやる試合のほうがかえって観にくいんですよね。時差がある国でやるほうがテレビ観戦オンリーの私にとってはありがたいかも……。

それでもせっかくの自国開催なので、是非とも盛り上がりたいです。そして、特に日本の選手にとって悔いの残らない大会になってほしいと願っています。

……どうなんでしょうね、日本に限っていえば、ホームアドバンテージがあるような採点は期待できない気がします。

私は「得点なんてどうでもいい、素晴らしい演技が観られさえすれば」とはとても言えませんし、フィギュアスケートの採点に絶望している今でも言いたくありません。選手にはまっとうにスケートの関係者(審判)から評価されて、積み重ねてきた努力が正当な形で報われてほしいからです。同じように思うファンの方々はきっとたくさんいらっしゃるでしょう。

そんな思いを抱えながら「ただ本人の悔いの残らない演技をしてほしい」と日本のファンの方々が、世界選手権のような最高峰の試合を前にして口をそろえて言ってる事実そのものがよっぽどのことだと思います。

ブログもね、これに限らず毎日のように「気づき」のようなことはありまして、書きたいことはあるのですが、なかなか最後までオチをつけられないまま下書き状態になっているものがたまっていくうちにどうでも良くなってボツにする繰り返しです。翻訳もしたいのだけど……もう情けない決まり文句になっていますね。